[22日 ロイター] – 米国テニス協会は22日、四大大会の最終戦、全米オープンのエントリーリストを発表。男子シングルスではノバク・ジョコビッチ(セルビア)が四大大会今季3勝目、女子ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)が年間グランドスラムを狙う。

ジョコビッチは2011年王者。04年から08年まで5連覇したロジャー・フェデラー(スイス)や10年と13年覇者のラファエル・ナダル(スペイン)、12年優勝のアンディ・マリー(英国)らも顔をそろえる。昨年覇者マリン・チリッチ(クロアチア)、準優勝した世界ランク5位の錦織圭も出場する。

女子のセリーナは全米では特に無類の強さを誇り、過去6回優勝で、2011年以来負けなし。今回も大きく調子を落とさなければ、死角はない。世界ランク2位のマリア・シャラポワ(ロシア)、同3位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、同4位のペトラ・クビトバ(チェコ)らがセリーナの牙城に挑む。

引用元: テニス=全米オープンのメンバー発表、昨年準優勝の錦織ら出場 | Reuters.

最近、学生時代に夢中になっていた、テニス再開したい熱が高いです。

青森市でテニスやっている集まりってどういうのがあるんだろうか。 

タバコ止めてから、ご飯が美味しくて太ってきているのも動機だったり。